このページではJavaScriptを使用しています。

コールセンターシステムならOpencom
オープンコム プライバシーマーク
トップページ > コールセンターを劇的に変える「CTI」
CTIシステム専門メーカー
コールセンターを劇的に変える「CTI」

コールセンターの業務において、効率は重視されるべきポイントです。

しかし、効率を上げようとして一人一人の顧客に対して対応がおろそかになっては本末転倒です。

話を聞いてくれるはずの顧客ですらも失いかねません。

スピード感がありつつも顧客獲得率を高くキープするためには、CTIシステムの導入が勧められます。

CTIシステムを導入することで、オペレーターの架電状況や成果を瞬時に把握することができます。

効率の良い架電方法を分析することで、全体的な成功率の向上も期待できます。

コールセンターはオペレーターの手腕が良し悪しを決めると言っても過言ではありません。

そのため、オペレーターのやる気が向上するようなシステムを作ることも必要不可欠です。

CTIシステムを導入しているコールセンターとしていないコールセンターでは、大きな違いが出てくるのも当然なのです。

ポイント CTI導入のメリットとは?

コラムイメージ1

コールセンターの中にはCTIシステムの導入をしている所があります。これによりオペレーターにかかる負担が減り、離職率が低下して結果的に人件費の削減につながります。

・・・つづきはこちら

ポイント CTIシステムの機能と種類?

コラムイメージ2

コールセンターになくてはならない物といえばCTIシステムです。効率的に業務が行える機能が備わっていますが、規模などによって適した種類が異なるので注意したいものです。

・・・つづきはこちら

ポイント CTIシステムの用途による選び方?

コラムイメージ3

オペレーターが行っている業務の内容に応じたCTIシステムを導入しましょう。似たような機能も多々ありますので、使いやすさや他の機能との連携性を確認したうえで決定してください。

・・・つづきはこちら

ポイント CTIで実現できる企業側のコスト削減?

コラムイメージ4

CTIシステムの導入は、通信費や人件費を抑えるなどコスト削減に効果的です。管理者が通話を聞きながら、顧客に聞かれずにオペレーターに指示できるなど、人材の有効活用につながります。

・・・つづきはこちら

ポイント CTI導入のための準備とは?

コラムイメージ5

CTIの導入理由と解決したい課題を明確にすることで、本当に必要な設備の絞り込みができます。必要な設備設計は電話の環境で異なるので、回線の契約業者に確認して工事を依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

ポイント CTI導入費用と相場

コラムイメージ6

CTIシステムはパッケージ型とクラウド型の二種類ですが、共にメリット・デメリットがあります。初期費用や運用コストの比較ではカスタマイズ対応等も重視し総合的な視点で考えましょう。

・・・つづきはこちら

ポイント 営業系アウトバウンドと
好相性なCTIシステム

コラムイメージ7

コールセンターシステムのレンタルは顧客獲得に直結するだけでなく、効率的という点からコストカットという面まで企業にとって様々なメリットがあるレンタルシステムです。

・・・つづきはこちら

ポイント CTIの導入は顧客満足度の
向上につながる

コラムイメージ8

コールセンターシステムは専門のオペレーターが対応することによって顧客に的確な情報提供できるというメリットがあり、これによって顧客満足度を底上げできることにもつながっていきます。

・・・つづきはこちら

ポイント 管理者から見たCTIシステム導入
のメリット

コラムイメージ9

コールセンターシステムはプロのオペレーターが対応することで顧客満足度を高めることはもちろん、システムをレンタルすることで大幅に人件費をカットすることにも繋がる優れたシステムです。

・・・つづきはこちら

ポイント コールセンター導入後の
マニュアル作成の重要性

コラムイメージ10

コールセンター業務は、いかにコール数を処理出来るかがキーとなります。じっくり、回答することは一見良いように見えますが、オペレーターの支援を受けられない顧客が多数発生してしまいます。

・・・つづきはこちら

ポイント クレーム処理の効率化で
円滑なコールセンターシステムの運営を

コラムイメージ11

お客様と密接にコミュニケーションをとるコールセンター業務は、お客様の質問に答えたり、商品注文を取ったりするだけではありません。こういった対応以外にも、クレーム処理などの重要な業務もあります。

・・・つづきはこちら

ポイント コールセンターシステム
における平均処理時間を高めるポイント

コラムイメージ12

スムーズに円滑していくコールセンターを実現させるには、業務を改善していく必要があります。業務を改善していく際、オペレーターにコール数を上げるなどの目標を設定だけでは失敗に終わります。

・・・つづきはこちら

ポイント コールセンターシステムの
市場規模と魅力的な将来性

コラムイメージ13

コールセンターシステムは今の世の中に欠かすことができないもののひとつです。市場規模を見るとまだまだ拡大することが予測されますし、需要もたくさんあるので将来性も期待できます。

・・・つづきはこちら

ポイント コールセンターシステム
導入で人件費削減を実現

コラムイメージ14

コールセンターシステムを導入することで電話を使用した顧客へのアプローチ術の在り方が根底から変わってきます。効率化できるなど魅力を秘めており、人件費削減も期待できます。

・・・つづきはこちら

ポイント コールセンターシステムで
解決できる問題とは

コラムイメージ15

コールセンターシステムの導入をすることで、今まで抱えていた問題を解消させられます。優秀なシステムを活用することによって、働く側も電話相手も不快感を感じづらくなります。

・・・つづきはこちら

ポイント コールセンターシステム
導入成功のカギを握る通話品質

コラムイメージ16

コールセンターシステムを導入する際は機能や事業内容、価格などに目が行ってしまい、通話品質を見落としがちです。クリアな通話はストレスを軽減させ、気持ちの良い応対を実現させるでしょう。

・・・つづきはこちら

ポイント コールセンターシステムの
応対品質を向上させるには

コラムイメージ17

コールセンターの品質はオペレーターのスキルに一任されるものではありません。応対品質を向上させるコールセンターシステムの導入は、オペレーターの手腕を最大限に発揮するためにも必要です。

・・・つづきはこちら

ポイント コールセンターシステムは
スキルある人材とのマッチングが重要

コラムイメージ18

多機能なコールセンターシステムでも、それを使いこなせる人材がいなければ意味がありません。スキルのある人材の確保は大切ですが、それと同じようにわかりやすいシステムも求められています。

・・・つづきはこちら

ポイント コールセンターのアウト
ソーシングが企業イメージ向上につながる理由

コラムイメージ19

コールセンターのアウトソーシングをすることによって企業のイメージをアップさせることができます。コール業務に慣れているオペレーターが対応することでイメージ良化につながります。

・・・つづきはこちら

ポイント コールセンターと
コンタクトセンターはどう違うのか

コラムイメージ20

コールセンターとコンタクトセンターは行う業務は同様ですが、アプローチ方法が違います。コンタクトセンターであればメールやファックス、そしてリアルタイムチャットまで用います。

・・・つづきはこちら

ポイント コールセンターから進化型
「プロフィットセンター」への道のりとは

コラムイメージ21

コールセンターがプロフィットセンター化しているという話をよく聞きますし、目指している企業は多いです。情報を収集することができて利益をもたらしやすくなるのはメリットです。

・・・つづきはこちら

ポイント 営業系アウトバウンドでの
顧客獲得を効率化する通話録音システム

コラムイメージ22

電話営業の効率化には、コールセンターシステムによるアウトバウンドの活用が大切です。通話録音システムは営業電話の通話内容を記録するもので、トラブル時の対処や従業員教育に活用できます。

・・・つづきはこちら

ポイント ひかり電話対応の通話録音
システム「オープンロガー」導入のメリット

コラムイメージ23

通話録音システムではオープンロガーがおすすめです。通常のシステムと違い、ひかり電話対応のオープンロガーは接続も簡単。レンタルすれば低コストでコールセンターシステムが構築できます。

・・・つづきはこちら

ポイント 通話録音システムがもたら
すコールセンター業務の品質向上効果とは

コラムイメージ24

コールセンターシステムの品質向上に、通話録音システムの導入は欠かせません。通話内容を聞き直すことは、問題点を洗い出し、現場でのフィードバックにつなげて品質向上を実現します。

・・・つづきはこちら

ポイント 通話録音システムで
オペレーターの不正発言を防止する

コラムイメージ25

通話録音システムはコールセンターなどで取り入れられているシステムで、顧客側だけではなくてオペレーターの不正発言も録音するのでおすすめです。抑止力としても大活躍します。

・・・つづきはこちら

ポイント 通話録音システム導入は
顧客満足度の向上につながる

コラムイメージ26

通話録音システムは簡単に導入できるわりに、かなりの効果を発揮してくれます。例えば顧客満足度をアップさせることも期待できますし、様々なトラブルを防ぐ役割も果たします。

・・・つづきはこちら

ポイント 通話録音システム導入で
トラブル防止・解決になる

コラムイメージ27

通話録音システムは非常に便利なシステムで、トラブル防止のためにも最適です。トラブルが起こるとコールセンターとしては痛手ですので、導入することが望ましいでしょう。

・・・つづきはこちら

ポイント 通話録音システム導入で実現する
コンプライアンス遵守の姿勢

コラムイメージ28

通話録音システムを導入することによって、コンプライアンス遵守が叶いやすくなります。オペレーターはより緊張感をもって仕事に打ち込めるので、より顧客満足度を高められます。

・・・つづきはこちら

ポイント 企業の利益を守る
通話録音システムの録音検索

コラムイメージ29

通話録音システムの録音検索機能は活用しないと損です。通話の最中にどういった会話が為されたのかを知ることができますし、すぐさま検索結果を知ることができるのはメリットです。

・・・つづきはこちら

ポイント 通話録音システム
「オープンロガー」を導入するには

コラムイメージ30

通話録音システムの良さは分かっていても導入に至らない企業も多いはずです。そういった様々な問題を解決させるのがオープンロガーです。導入のしやすさやハードルの低さも魅力です。

・・・つづきはこちら

ポイント 3カ月の無料で試せる!
通話録音システム

コラムイメージ31

通話録音システムを導入する際、機器を購入してシステムを構築すると数百万円単位の設備投資が必要になります。オープンロガーは新規のお客さまに3か月の無料お試し期間をご用意しております。

・・・つづきはこちら

ポイント 通話録音システムの
「電話呼び出し時間オーバー検知」の効果

コラムイメージ32

電話の呼び出し時間はお客さまが不快に感じるほど長くなるとクレームに発展するおそれがあります。オープンロガーの呼び出し時間オーバー検知機能を利用すれば電話品質の向上が期待できます。

・・・つづきはこちら

ポイント オペレータ管理を効率化する
通話録音システムの座席モニター機能

コラムイメージ33

コールセンターでは各オペレータの稼働状況によって適切に業務を振り分ける必要があります。リアルタイムで稼働状況を把握できるオープンロガーの座席モニター機能で業務効率化を図りましょう。

・・・つづきはこちら

ポイント 未使用電話番号を自動で振り分けて
架電ロスを低減する通話録音システム

コラムイメージ34

コールセンターをレンタルサービスで利用すれば業務の時間ロスが防げ効率化が図れます。未使用電話番号にもクリック一つでかけられ、トラブルを防ぐために通話録音システムも完備されています。

・・・つづきはこちら

ポイント オペレータと顧客を最短で繋ぐ
通話録音システムのプレディクティブダイヤル

コラムイメージ35

コールセンターのオペレーター業務を停滞させることなく円滑に進めていくためにはプレディクティブダイヤルが最適です。通話録音システムに顧客との通話記録も録音されるので管理も楽です。

・・・つづきはこちら

ポイント 電話機からでもパソコンからでも
発信OKの通話録音システム

コラムイメージ36

コールセンターではプレディクティブダイヤル発信操作を行い、業務の効率化を図れます。パソコンでも電話機からでも利用は可能ですし、通話録音システムがあるので管理はリスト表示で楽です。

・・・つづきはこちら

ポイント IVRシステムの活用が新規顧客に繋がる

コラムイメージ37

コールセンターにおいて、自社の商品に興味を持っていただける方だけのリストを作成できれば、アポインターの負担軽減および獲得率の向上を図る事ができます。

・・・つづきはこちら

ポイント コールセンターシステムの種類

コラムイメージ38

コールセンターシステムはオートコールシステムとプレディクティブダイヤルシステム二種類があります。どちらでもそれぞれに大きな利点を持ちます。

・・・つづきはこちら

ポイント ひかり電話とコールセンターシステム

コラムイメージ39

ひかり電話回線はインターネットを使った電話回線です。コールセンターにおいて導入が進められるひかり電話です。

・・・つづきはこちら

ポイント 電話回線の種類

コラムイメージ40

まず、INS64と呼ばれるデジタル電話回線です。次にひかり電話やINS1500回線に代表される光回線があります。

・・・つづきはこちら

ポイント ひかり電話による
プレディクティブダイヤル

コラムイメージ41

発信効率向上が約束されるプレディクティブダイヤル機能を、ひかり電話で運用する事がコールセンターからの要望です。

・・・つづきはこちら

ポイント プレディクティブダイヤル
について

コラムイメージ42

プレディクティブダイヤル機能とは一般的にコールセンターシステムによる同時一斉発信できる機能を指します。

・・・つづきはこちら

ポイント アバンダンコールと
コールセンターシステム

コラムイメージ43

アウトバウンドコールセンターにおいて、コールセンターシステムを活用する注意点として『アバンダンコール』が挙げられます。

・・・つづきはこちら

ポイント リスト管理
とマーケティング

コラムイメージ44

コールセンターシステムにおけるリスト管理は個別に細分化された顧客情報をリストとして纏まるシステムであることが不可欠です。

・・・つづきはこちら

ポイント IVRシステムでの
コールフロー

コラムイメージ45

IVRにおけるコールフローは、顧客にとって自動音声である、顧客にとって自由度の高い選択が可能となります。

・・・つづきはこちら

ポイント プレディクティブダイヤル
機能と回線制御機能

コラムイメージ46

プレディクティブダイヤル機能を搭載したコールセンターシステムにおいて、回線制御機能は必須機能となります。

・・・つづきはこちら

ポイント 電話回線と
プレディクティブダイヤル発信

コラムイメージ47

プレディクティブダイヤルの導入は、プレディクティブダイヤルに適した電話回線と電話回線に応じたコールセンターシステムを選定する事が大きなポイントになります。

・・・つづきはこちら

ポイント コールセンターシステム
運用における効率化

コラムイメージ48

プレディクティブダイヤル機能を搭載したコールセンターシステムは発信効率の向上同時に、見込顧客獲得の確率も向上させます。均一化された発信数と通話件数の確保が最大限に発揮できます。

・・・つづきはこちら

お問い合わせ
このページのTOPへ