このページではJavaScriptを使用しています。

プレスリリース 2015年05月21日|コールセンターシステムならOpencom
オープンコム プライバシーマーク
CTIシステム「Open Dialer」(オープンダイヤラー)オンプレミスサービス開始
プレスリリース・2015年05月21日

CTIシステム「Open Dialer」(オープンダイヤラー)オンプレミスサービス開始

株式会社オープンコム(神奈川県川崎市中原区新丸子東2-888 KTSビル4F、以下オープンコム)は、CTIシステム「Open Dialer」(以下オープンダイヤラー)オンプレミスサービスを開始しました。

構内交換機(PBX)、自動分配装置、通話録音装置、CTIサーバ、顧客管理システム(CRM)、架電集計機能など、コールセンターに必要な機能が全て一体となったコールセンターシステムを、専用通信機器の設置当日から利用可能なクラウドサービスに加え、コンプライアンス上クラウドサービスが利用しづらいお客様向けにオンプレミスサービスを開始しました。

オンプレミスサービスをご利用の場合でも機能アップデートを適時行い、常に最新の状態でコールセンターシステムを運用する事ができます。クラウドサービスと同様にメンテナンスをオープンコムが行い、お客様専用のCTIサーバを自社内で安心してお使いいただけます。

【「オープンダイヤラー」のオンプレミスサービスにおける利点】

PBX等の設備費用が軽減されます。コールセンターシステム「オープンダイヤラー」はINS1500回線のみに対応しており、オンプレミスでお使いの場合は「オープンダイヤラー」のPBX機能とCTIサーバ機能をご利用いただけます。

また、現在INS1500対応のPBXを設備されているお客様であっても「オープンダイヤラー」とお客様のPBXを連携してCTIサーバ機能をご利用いただけます。

ご利用いただくお客様に合わせたフレキシブルな設計によりオンプレミスにてご利用の場合であっても設備費用を大幅に抑える事が実現できます。

【「オープンダイヤラー」オンプレミスサービスの特徴】

・プレディクティブダイヤル機能を標準搭載

クラウドサービス同様にINS1500回線(23ch/PRI)による同時一斉架電機能(プレディクティブ・ダイヤル)を標準搭載しております。大規模コールセンターにおいてはINS1500回線の回線数を2本、3本と追加していただけます。

・フレキシブルな増減対応

電話回線は「オープンダイヤラー」を利用するユーザーが契約する電話キャリアのINS1500回線をご利用いただきます。オンプレミスサービスにおいてユーザー所在地の発信局番・フリーダイヤルの発番通知や、電話回線数増減をご都合に合わせて行う事ができます。

席数の増減もケーブル1本で増減対応可能です。スポット的に席数が大幅に増減する場合であってもご利用いただく分だけのランニングコストのみの費用で運用できます。

・コンプライアンスの担保と費用削減

業務上、または社内コンプライアンス上クラウドサービスの利用が難しいとされるユーザーであっても、オンプレミスサービスによるCTIサーバレンタルであれば初期費用と運営費用を抑えてCTIを導入が可能です。

これまでコールセンターシステムの導入に踏み切れなかったお客様がCTIサーバレンタルによるオンプレミスサービスまたはクラウドサービスのご利用で、これまでかかっていたコストを大幅に削減してのコールセンターシステム構築が可能になりました。

プレディクティブダイヤル機能、架電集計機能、通話録音機能を標準搭載したコールセンターシステムにより現状のコールセンターのポテンシャルを最大限に引き出すことが実現できます。

さらに詳しい情報は下記サイトにてご覧いただけます。

プレディクティブ・ダイヤル方式:http://www.opencom.co.jp/dialer/predictive.html

架電集計機能:http://www.opencom.co.jp/dialer/send.html

CTIサーバレンタル:http://www.opencom.co.jp/

【本件に対するお問い合わせ】

株式会社オープンコム  担当 真壁(マカベ)

TEL:044-670-0142

お問い合わせ
このページのTOPへ