このページではJavaScriptを使用しています。

コールセンターシステムならOpencom
オープンコム プライバシーマーク
トップページ > コールセンターを劇的に変える「CTI」 > 営業系アウトバウンドと好相性なCTIシステム
CTIシステム専門メーカー
営業系アウトバウンドと好相性なCTIシステム

● コールセンターシステムを導入するメリット


最近では多くの企業がコールセンターシステムを導入することによって、業務の効率化を図ることが容易になりました。

コールセンター業務には、アウトバウンドとインバウンドと呼ばれる2種類の機能が存在し、それぞれに電話をかける側と受け取る側に役割分担することで顧客管理や業務効率化を図るものです。

人件費が大きな比率を占めるコールセンターにおいて、効率的な人材の活用や配置は、業務の経費削減に大きく貢献します。

ではコールセンターシステムを導入することで得られるメリットについてご紹介していきましょう。

● コールセンターシステムは人件費節約に繋がる


コールセンターシステムは人件費を大幅にカットする意味でも非常に優れた機能を持っています。

営業系であるアウトバウンドは常に顧客の対応に追われるため、ある程度の拘束時間を必要とされますが、コールセンターシステムを導入すれば人材を取り入れなくても機能も丸ごとレンタルすることができるので、必要な時にアウトバウンドのアプローチをすることができるのです。

また、コールセンターシステムでアウトバウンドを行う人材はすべて営業系のプロですから、サービスの向上はもちろん、お客様とのトラブルに発展する可能性も防ぐことができます。

● 顧客獲得にダイレクトに導くコールセンターシステム


コールセンターシステムを導入する最大のメリットは、専門のオペレーターがアウトバウンドをすることによって、ダイレクトに顧客獲得へとつながるという点です。

このほかにも、適切なフォローによって改善すべきポイントが見えてきたり、オペレーターの迅速丁寧な対応が顧客から高く評価されるなどの特徴があります。

コスト面だけでなく、こういった様々なメリットがあるコールセンターシステムを取り入れて、企業のアプローチの幅を広げることは、目に見える成果につなげるための強力な戦略と言えるのです。

コールセンターシステムのメリットや、企業に不足している点を補えるレンタルシステムを比較検討して、相性の合うサービスを見つけましょう。

お問い合わせ
このページのTOPへ