このページではJavaScriptを使用しています。

検索機能|Open Logger|コールセンターシステムならOpencom
クラウド型コールセンターシステムをレンタルで活用 プライバシーマーク
オープンロガー検索機能

◎録音検索機能

オープンロガーは多様な検索機能で瞬時に目的の通話録音を探し出す事ができます。電話番号での検索はもちろん、ダイヤルイン番号での検索、日付・時間指定による絞り込みが可能です。目的の通話録音を探し出すまでに時間を要さず、すぐに検索できます。

オープンロガー
ロガーバナー

録音検索

時間帯別

曜日別

曜日時間帯別(発信)

曜日時間帯別(着信)

平均通話時間(発信)

平均通話時間(着信)

内線別合計通話

日別内線使用状況

分析グラフ

モニター

----------------------

オペレータメンテ

内線設定画面

顧客情報設定画面

セキュリティ

サーバ時刻修正

サーバ再起動・停止

ログアウト

録音検索 [ログイン:管理者]
基本検索
発着信区分 発信 着信 両方 内線番号 回線
電話番号
ダイヤルイン
日付指定    
開始日付
終了日付
曜日指定 月 火 水 木 金 土 
詳細検索
待ち時間 以上 以下 応答区分 応答有り 応答無し 未使用 話中 その他のエラー  切断理由
通話時間 以上 以下 分類 重要 再架電 確認 クレーム サポート その他 再生 未再生 再生済 両方
通話合計 以上 以下 分類 オペレータ お客様 両方 チェック
※単位は秒で表示します。 メモ 
     3件中の1~3件表示 
NO チェック 分類 参照 発着区分 発信先番号 ナンバーディスプレイ 発着信時間▼ 通話開始時間 切断時間 待ち時間 通話時間 通話合計 相手先通知番号 着信先番号 電話付加番号 内線番号 発着区分 切断元 ポート番号 切断理由
1 参照音声ファイル 着信 0446707071 0446707068 2017/08/29 11:58:38 2017/08/29 11:58:38 2017/08/29 11:58:38 15 15 15 6700134 6700134 6700134 0134 着信 お客様 1 16
2 参照音声ファイル 着信 0446707068 0446707068 2017/08/29 10:11:24 2017/08/29 10:11:25 2017/08/29 10:11:29 2 4 6 6700140 6700140 6700140 0134 着信 オペレータ 1 16
3 参照音声ファイル 着信 0446707068 0446707068 2017/08/29 10:11:24 2017/08/29 10:11:25 2017/08/29 10:11:29 2 4 6 6700140 6700140 6700140 0134 着信 オペレータ 1 16

検索条件で絞り込まれた通話録音は画面上で再生・保存ができます。
また、保存された通話録音のファイル名は電話番号_日付_時間がファイル名となり、いつ録音されたファイルであるかを、一目で把握できます。
発信・着信ともに自動録音され、録音と同時に日付・時間が記録され、録音の絞り込み時に有効に活用できます。
さらに、通話記録にメモを結びつける事が可能で、メモのテキスト検索も可能です。
簡単な操作であらゆる方向から通話記録、通話録音を探しだす事が可能です。

◎アウトバウンド・インバウンドどちらでも活用できます。

複数の電話番号(ダイヤルイン番号)を業務毎に管理している場合でも、ダイヤルイン番号の検索絞り込みで容易に検索できます。また、アウトバウンドのみインバウンドのみの検索も可能です。アウトバウンドで絞り込み、さらに内線番号で絞り込む等の複合検索が可能で検索条件に該当する通話録音を全て一覧表示します。
さらに、重要な通話録音はテキストメモの紐付や、フラグを紐付できます。そして紐付されたフラグでの検索が可能でフラグ機能とテキストメモ機能を使い、検索からテキストメモを参照する事が可能です。
重要な通話録音とテキストメモ、フラグで管理し、いつでも参照できます。
アウトバウンド・インバウンドともにテキストメモ、フラグ管理が可能です。

検索条件項目 検索有無 説明
チェック ユーザが設定したチェックフラグ
分類 ユーザが設定した任意の情報
参照 × 音声データへのリンク情報
発着区分 音声データが、発信データなのか着信データなのかを識別します
発信先番号(OUT) × 発信時のお客様の電話番号
ナンバーディスプレイ(IN) 着信時のお客様の電話番号
発着信時間 × 発着信時の日時
通話開始時間 × 通話が開始した日時
切断時間 × 通話が切断した日時
待ち時間 発信または着信後、お客様、オペレータが電話を取るまでの時間(秒)
通話時間 通話が始まって切断するまでの時間(秒)
通話合計 発信または着信後、電話を切断するまでの時間(秒)
相手先通知番号(OUT) 発信時、お客様に通知する電話番号
着信先番号(IN) 着信時、お客様がダイヤルした電話番号
電話付加番号 × 着信時、お客様が通知した内線番号
内線番号 発信時の内線番号
切断元 電話を先に切断をした人(オペレータ or お客様)
ポート番号 × 発着信時の回線ポート番号
切断理由 切断時のコード
このページのTOPへ

◎シンプルな操作方法

管理者はクリックだけで全ての通話録音を参照できます。
通話録音には着信時間、発信時間、発信者番号、着信先電話番号、発信先電話場号が一覧表示され、クリック操作で通話録音の参照が可能です。

通話録音装置の表示画面

さらに、アイコンをクリックして通話録音の保存も簡単に行えます。重要な通話録音を保存し、いつでも参照できる状態をつくれます。保存された通話録音データはmp3フォーマットで保存され、メールで添付し、遠方での録音参照が可能です。
さらに、遠方の拠点間であってもネットワークが存在していれば、録音参照の権限を付与することで、離れた拠点から通話録音参照ができます。
通話録音参照の動作ログは全て記録され、どこからのアクセスで録音が参照されたかの把握も可能です。

◎音声再生

録音音声の再生もクリックだけで、インターネットブラウザ上で再生可能です。
スピーカーのアイコンをクリックするだけで音声再生または録音音声の保存が可能です。
保存された録音音声は日付/時間/電話番号がファイルとして記述され、音声録音ファイルがいつ録音されたものであるかが一目で分かります。録音音声を保存しておくことで、万が一のトラブル時に正確なやりとりを把握できます。

オープンロガー録音音声の再生画面
このページのTOPへ
万が一のトラブル時に迅速にやりとりを把握できます

充実した検索機能により、必要な通話録音音声をすぐに検索できます。
万が一、電話応対でのトラブルがあった場合にも、通話録音音声をすぐに検索でき保存ができます。通話録音音声を参照することで、電話での正確なやりとりを把握することができ、さらにエビデンスとして有効に活用できます。
正確なやりとりの把握とエビデンスを持つ事でトラブルの迅速・円満な解決を導き出すことに繋がります。
また、通話録音システムが導入されていると認識する事で、電話トラブルの予防にもつながります。あらゆるオフィスで導入が進められる『ひかり電話』にも対応した通話録音システム『オープンロガー』ならば通話録音機能・検索機能が電話業務における安心を担保できます。

お問い合わせ
このページのTOPへ