このページではJavaScriptを使用しています。

CRMアプリケーション|Open Dialer|コールセンターシステムならOpencom
クラウド型コールセンターシステムをレンタルで活用 プライバシーマーク
CRMアプリケーション

お使いのパソコンで詳細な結果入力と顧客リストの検索・発信ができます。

CRMアプリケーション『Open CRM』を使えばクリック一つでプレディクティブ発信、リストを検索して発信、そして架電結果は選択入力とフリーテキスト入力で詳細な架電結果を入力できます。全ての架電結果は管理者が設定した統一された形式での入力が可能です。入力された架電結果は管理者のみがCSV出力ができます。

アポインターの架電リストの設定から架電結果入力形式までを統一して管理者が設定できるため、個別のアポインターの架電結果集計から全体の架電結果集計、見込み顧客リストを抽出しての架電までコールセンターシステム『オープンダイヤラー』なら全て管理者の手元で行う事ができます。

『Open CRM』を使っての架電ならば架電履歴を閲覧しながら架電をする事ができます。架電履歴を閲覧しながら通話ができるため前回の架電ステータスが一目でき、現在の会話で必要な情報のヒアリングや、個々の顧客に対して個別のアプローチが可能になります。

OpenCRMによる架電イメージ

OpenCRM架電イメージ

プレディクティブダイヤルの場合、接続と同時に顧客情報が自動表示されます。最短で顧客に到達し、ヒアリングを行い見込顧客の創出へと繋げていきます。ヒアリング内容は詳細な架電結果として入力しできます。リストを検索しての架電の場合、顧客情報を予め確認しながら架電を行います。

OpenCRM各機能イメージ

OpenCRM機能イメージ

CRMアプリケーション『OpenCRM』では顧客情報の表示、プルダウン選択入力、テキスト入力、架電履歴一覧表示およびリスト検索が可能です。

OpenCRM基本情報表示機能イメージ

OpenCRM基本情報表示機能イメージ

「OpenCRM」は通話接続と同時に顧客基本情報を画面上に表示します。顧客名、顧客住所、生年月日、発信回数を通話が始まると同時に表示します。

OpenCRM各入力機能イメージ

プルダウン選択入力機能

OpenCRMはコールセンターシステム『Open DIALER』で設定した入力項目を表示します。『OpenDialer』で設定した入力項目をCRMアプリケーション『OpenCRM』内にて反映します。アポインターは管理者により定められたコール結果をプルダウンより選択してコール結果を入力できます。

OpenCRM入力機能イメージ

プルダウン入力項目カスタマイズ機能

『OpenCRM』はコールセンターシステム『Open DIALER』で設定したプルダウンメニュー表示項目を管理者によってカスタマイズできます。アインターは管理者により定められたプルダウンメニュー選択項目とプルダウン表示項目により聞きのがしを防止することができます。

プルダウン入力項目カスタマイズ機能イメージ

テキスト入力項目カスタマイズ機能

テキスト入力表示項目をカスタマイズすることができます。プルダウンによる入力以外の情報を入力できます。

テキスト入力項目カスタマイズ機能イメージ

検索機能

入力結果/自宅番号/顧客名/発信回数 50を超える検索項目の中から絞り込み検索が可能です。検索結果から顧客への架電ができます。

検索機能イメージ

架電履歴表示機能

電話番号毎に架電履歴を表示します。架電回数、発信時間、発信日を一覧表示し各履歴毎の架電メモを表示します。

架電履歴表示機能イメージ

通話転送も三者間通話もクリックひとつ!もちろん通話録音も同時に録ります!

現在の通話を指定した外線電話に直接転送、または指定した外線電話を含めた三者間での通話や、指定した内線電話に通話を直接転送または指定した内線電話を含めた三者間通話をする機能が標準で備わっています。

転送は2段階で調整できます。現在の通話を保留にし、内線または外線の通話転送先/三者間通話先と通話をしての通話転送/三者間通話。そして現在の通話を保留せずに、内線または外線の転送先を呼び出し、直接の通話転送/三者間通話。運用に合わせてどちらのパターンも選択できます。

さらに転送/三者間通話の呼び出し先はあらかじめ複数の電話番号/内線番号が登録でき、転送先/三者間通話先を選ぶだけで呼び出しが可能です。

多様化するニーズに応えられる機能をもったコールセンターシステムがコールセンターの運用をより円滑にします。そして三者間通話であれば通話録音も同時に録音されます。

※外部の外線への転送となった場合はコールセンターシステム外での電話回線となるため、通話録音はされません。

OpenCRMによる通話転送/三者間通話イメージ

転送/三者間通話イメージ

転送・三者間通話リクエストにより操作に迷わず転送/三者間通話(保留あり)/三者間通話(保留なし)を選択できます。いずれかのリクエストを内線/外線どちらかを選択できます。リクエストを選択後『呼び出し』をクリックするだけで、任意の外線または内線を呼び出します。アポインター、発信先、三者間通話は録音機能により自動でコールセンターシステムによる通話録音が録れます。

転送/三者間通話リクエストイメージ
転送/三者間通話開始イメージ

転送・三者間通話リクエストを開始し、三者間通話がスタートするとOpen CRM上部に『転送・三者間通話リクエストを開始しました』のメッセージが表示されます。表示を確認し、転送・三者間通話がスタートしている事を認識できます。また、保留解除ボタンをクリックすることで転送・三者間通話をキャンセルできます。

通話転送、三者間通話も標準機能としてご活用いただけます。

コールセンターシステム『Open Dialer』はプレディクティブダイヤル、通話録音、通話転送、三者間通話を標準機能として備えています。コールセンターにまつわる要望を機能に取り入れ続けること、オプション機能ではなく標準機能としてアップデートすることが本コールセンターシステムの大きな特徴と呼べます。

お問い合わせ
このページのTOPへ