このページではJavaScriptを使用しています。

システム操作手順|Open Dialer|コールセンターシステムならOpencom

クラウド型コールセンターシステムをレンタルで活用 プライバシーマーク
仕切り

誰でも活用できるシンプルな操作手順

シンプルな操作手順がアポインターの生産性向上に直結します。コールセンターシステム「Open Dialer」ならば操作に迷わずプレディクティブダイヤルでの発信ができます

メインイメージ
プッシュボタン操作だけでシステムが利用が可能
電話機操作によるコール結果入力

コールセンターシステム「オープンダイヤラー」は電話機のプッシュボタン操作だけで、コールからコール結果入力までが可能です。パソコンからの入力が苦手なアポインターでも電話機の操作だけでシステムを運用し、成果へとつなげる事ができます。電話機での操作でシステムを運用する場合、パソコンは電話がつながった先の顧客情報を自動で表示するモニタとして使用します。アポインターは電話機のボタンで発信し、電話がつながった先の顧客情報を見ながら通話を開始。コール結果は電話機のプッシュボタンを使い2桁の数字入力(01:獲得 02:見込み 等)でコールセンターシステムを運用します。シンプルな操作と顧客情報表示画面で通話に集中することができ、個々のアポインターのポテンシャルを増幅させます。

オペレータによるシステム操作手順

誰でも簡単にシステムを操作して架電ができます。シンプルな電話機操作でオペレーション時間および操作になれるまでの時間が大幅に短縮、さらにシステムを導入したその日からオペレーションが可能です。

cti
通話状態になるとアポインターのPCモニタに顧客情報が表示されます
顧客情報の表示
矢印

顧客情報表示拡大イメージ

顧客情報表示の拡大
矢印

電話機操作ですぐにプレディクティブダイヤルが可能です

矢印1電話機操作手順矢印1

矢印2 受話器を上げて、電話機の「09」と「#」を押下します。
矢印3 電話機から「ユーザーコードを入力してください」のアナウンスが流れます。
アポインターの「ユーザーコード」を電話機のプッシュボタンで入力します。例:1001や3010
※操作後、PCの画面上に名前とIDが表示されます。
矢印4 電話機の「*」ボタンを1回押すと音楽が流れ、プレディクティブダイヤルを実行します。発信先の電話応答で通話がスタートします。
矢印5 「*」ボタンを2回押すと電話が切断されます。電話が切断されると「結果コードを入力してください」のアナウンスが流れます。2桁の結果コードをプッシュボタンで入力します。
矢印6 「※」⇒通話⇒「※※」⇒結果入力 を一つのサイクルとし、このサイクルの繰り返し操作で次々と発信が可能です。
矢印7 業務終了の際は「#」ボタンを押下して、ログアウトとなります。通話録音を含めた発信・通話履歴は全て自動で記録されます。

>>>CRMアプリケーション

通話から得られた情報をPCへ入力、データベースに保存し、すぐに通話情報の閲覧をしたい、とお考えの場合はCRMアプリケーションをお使いいただけます。
オプション機能でありながら、追加料金無しで導入からすぐにCRMアプリケーションを使っての運用が可能です!

CRMアプリケーションについて詳しく>>>

>>>運用管理フロー

プレディクティブダイヤルから通話によって得られた「コール結果」。「コール結果」を有効に活用する事でアポインターの顧客獲得率を高める事が出来ます。
PDCAサイクルによる運用をオープンダイヤラーを使って、より正確に効率的に行なえます!ファーストコールによって得られた「コール結果」から次の発信タイミングや発信すべきリストの選定までを架電データから考察、次の発信タイミングやトークスクリプトを反映させる事が可能です!

運用管理フローについて詳しく>>>
お問い合わせ
このページのTOPへ