このページではJavaScriptを使用しています。

セールスフォース連携機能|Open Dialer|コールセンターシステムならOpencom

クラウド型コールセンターシステムをレンタルで活用 プライバシーマーク
仕切り

セールスフォース連携機能

セールスフォースの顧客リストから直接架電を行う『セールスフォース連携機能』となります。セールスフォースの顧客リストを参照し、電話番号クリックによる発信が可能です。
発信した履歴は顧客ごとに記録、通話録音が紐づけされ、セールスフォース上で参照が可能です。

セールスフォース連携により、既存の顧客情報を参照しながら架電が可能です

顧客情報管理にセールスフォースを利用しており「既存データから発信を行いたい、発信履歴を既存データに追加して管理したい」と言ったご要望によりOpen Dialer にてセールスフォース連携機能を備えました。この連携機能により、セールスフォースにある電話番号から直接発信、発信履歴の紐づけ、通話録音の参照が可能です。

また、Open Dialer 上でも発信履歴は管理され、1 日の全ての発信履歴の管理、およびそれまでに発信した履歴の管理も可能です。

セールスフォース連携イメージ

➡ 架電機能(クリックコール)


顧客情報を参照し、電話番号をクリックすることで発信が可能です。

発信の履歴は顧客情報に紐づけされ履歴と通話録音をセールスフォース上で閲覧、録音再生ができます。また、Open Dialer 上でも通話録音および発信履歴は保存され、電話番号や日付による検索が可能です。

架電機能(クリックコール)

➡ 着信ポップアップ機能


着信時、着信した番号をもとにセールスフォース上の顧客情報を表示します。着信の履歴および通話録音は自動保存され、セールスフォース上での閲覧、通話録音参照が可能です。

着信ポップアップ機能

➡ Open Dialer との連携


セールスフォース上にて顧客情報を管理し、架電に際してOpen Dialer を連携させる機能となっています。よって、架電情報はOpen Dialer にも登録されます。一日の架電履歴や月毎、年毎の架電履歴を追いたい、となった際にはOpen Dialer にて架電履歴、通話録音を検索、参照できます。

加えて、リアルタイムの架電状況やコール結果集計、発信禁止制御、通話モニタリング、といった機能がOpen Dialer 上でお使いいただけます。

セールスフォース上の顧客情報を用いながら、架電における機能はOpen Dialer のコールセンターシステム機能を同時に運用できます。

Open Dialerとの連携イメージ

お問い合わせ
このページのTOPへ