このページではJavaScriptを使用しています。

コールセンターシステムならOpencom
クラウド型コールセンターシステムをレンタルで活用 プライバシーマーク
CTIシステム専門メーカー
電話回線とプレディクティブダイヤル発信

一口にプレディクティブダイヤルといっても多様なコールセンターシステムが存在します。

複数回線に同時発信できる仕組みをプレディクティブダイヤルと呼称するため、回線数が2本または4本の場合は2件の発信、4件への同時一斉発信によるプレディクティブダイヤルが可能です。プレディクティブダイヤルの発信数はシステム特性や回線数に依存します。

● システム特性による発信数の依存


プレディクティブダイヤルはシステム特性により発信数が制限される事があります。発信できる回線数が10件あったとして、コールセンターシステムの特性により全体で5に制限されるまたは、アポインターひとりあたりの発信数が5で制限される等の特性があります。

● 発信回線数による制限


プレディクティブダイヤルにおいて同時一斉発信できる数は回線数によって制限されます。物理的に収容できる回線が少ない、または収容する回線数を少なくしているのであれば、回線数に応じた発信しかできません。

● プレディクティブダイヤルに有利な電話回線


回線の種類によってもプレディクティブダイヤルに有利な回線が存在します。PRI回線など1本の回線に23chの発信/受信チャンネルをもつ電話回線が収容できるコールセンターシステムであればプレディクティブダイヤルをPRI回線に応じて発信できます。

プレディクティブダイヤルを運用するうえでは、コールセンターに必要な発信回線数に見合ったコールセンターシステムと電話回線を選定しなければなりません。

そしてコールセンターに必要な電話回線数はコールセンターシステムを活用するアポインター人数に比例して発信回線数を適宜増やす必要があります。

プレディクティブダイヤルの導入は、プレディクティブダイヤルに適した電話回線と電話回線に応じたコールセンターシステムを選定する事が大きなポイントになります。

お問い合わせ
このページのTOPへ