このページではJavaScriptを使用しています。

コールセンターシステムならOpencom
クラウド型コールセンターシステムをレンタルで活用 プライバシーマーク
クラウド型コールセンターシステムをレンタルで活用 > コールセンターを劇的に変える「CTI」 > ひかり電話対応の通話録音システム「オープンロガー」導入のメリット
CTIシステム専門メーカー
ひかり電話対応の通話録音システム「オープンロガー」導入のメリット

● 電話の悩みをオープンロガーが解決


コールセンターシステムの導入を検討している人のほとんどは、電話営業での悩みを抱えています。

聞き取れない、言った・言わないでもめるなど、顧客との電話応対ではトラブルが多々あります。

また、電話応対のやり方が適切かどうかという悩みもあります。

電話応対の質を上げることで、クレーム処理はもちろんのこと、会社への信頼につながり、商品やサービス購入を今まで以上にしてくれることも出てきます。

そのため、コールセンターシステムの導入は必要です。

その際に必要なのが通話録音システムで、特にオープンロガーがおすすめです。

通常の通話録音システムの場合、色々と接続する必要があります。

その点、オープンロガーは接続も簡単で、ひかり電話にも対応しています。

通常であればコールセンターシステムを導入するにあたり、かなりの費用がかかることになりますが、レンタルで貸し出してくれるため、高額の費用をかけることなくコールセンターシステムを構築することが可能です。

● 今までの通話録音システムとの違い


コールセンターシステムで今まで使われていたものと、オープンロガーには色々と違いがあります。

まずは、アダプタの問題です。

従来までは、通話録音システムを導入する電話の数だけ、アダプタが必要でした。

しかし、オープンロガーの場合はLANケーブルと接続するため、アダプタは1台だけで済むのです。

コールセンターシステムでは一元管理することが難しいと言われてきましたが、オープンロガーであればこの一元管理が容易となったのです。

また、従来は手動操作で動かさなければならない点も不便とされていました。

これに関しても、自動的に通話録音システムが作動するようになりました。

他にも、時間帯別曜日別などの分析機能や、座席モニター機能もついています。

そして、顧客と電話番号が紐付けされる機能も付いており、これによって誰からかかってきたのかがすぐにわかり、電話応対もスムーズです。

コールセンターシステムを導入したくても、資金面がネックになるとされてきましたが、現在ではレンタルが可能で、1台数万円で導入できることが最大のメリットと言えます。

お問い合わせ
このページのTOPへ