このページではJavaScriptを使用しています。

コールセンターシステムならOpencom
オープンコム プライバシーマーク
トップページ > コールセンターを劇的に変える「CTI」 > 未使用電話番号を自動で振り分けて架電ロスを低減する通話録音システム
CTIシステム専門メーカー
未使用電話番号を自動で振り分けて架電ロスを低減する通話録音システム

●  コールセンターを導入しよう


コールセンターシステムを導入しようと考えるとかなり高額な経費が必要になってきます。

業務を効率化させるためにコールセンターを導入したいと思っても積み重なる経費に頭を抱えてしまう事態に陥る可能性もあります。

さらに、専用の電話回線の準備やライセンス、電話機、通話録音システムなど揃えていくとなると手間もかかりますし時間のロスも大きいです。

効率化を図るためにコールセンターを導入したいのに効率化という言葉からかけ離れてしまうでしょう。

こんなにも大変なことならコールセンターのシステムの導入をあきらめようかと考えてしまうかも知れません。

コールセンターを導入しなくても良い方法があるのです。

クラウドサービスを活用したレンタルサービスを利用すれば、コールセンターを導入しなくても時間のロスをなくし効率の良い業務を行っていくことが可能です。

● クラウドサービスを活用したレンタルサービスのすごい点


クラウドサービスを活用したレンタルサービスを利用すれば、業務がすべてロスなしで行うことが出来るので時間のロスがなくなり効率化が図れます。

顧客の電話番号をクリック一つで電話をかけられますし、通話録音システムも備わっているので、以前に通話をしたものもすべて通話録音システムによって保管されています。

電話番号のかけ間違いも防ぐことが可能ですし、未使用電話番号検索も簡単です。

未使用電話番号であっても、投入されたリストの中からボタン一つで発信が可能なのです。

未使用電話番号一斉に電話を掛けることも可能なので、顧客をいち早く見つけることが出来ます。

未使用電話番号などに電話をすることでトラブルはつきものですが、通話録音システムがあるので言った言わないのトラブルを防ぐこともできます。

優れた顧客獲得を目指すためにも、コールセンターがあるだけではだめです。

業務の精度を上げて時間のロスを少なくすることが業務を強力にしていくことにつながるのです。

未使用電話番号の検索から通話録音システムによる通話内容の検索など、顧客の獲得に直結します。

お問い合わせ
このページのTOPへ