このページではJavaScriptを使用しています。

コールセンターシステムならOpencom
クラウド型コールセンターシステムをレンタルで活用 プライバシーマーク
クラウド型コールセンターシステムをレンタルで活用 > コールセンターを劇的に変える「CTI」 > 通話録音システム導入で実現するコンプライアンス遵守の姿勢
CTIシステム専門メーカー
通話録音システム導入で実現するコンプライアンス遵守の姿勢

● 通話録音システムの導入はコンプライアンスの取り組みに不可欠


コールセンターを利用する人やオペレーターが必要性を感じているのが通話録音システムです。

これを導入することで期待できることは様々存在しているのですが、コンプライアンス遵守しやすい環境が作られるのではないかとされています。

コールセンターが抱える問題は多いですが、時にコンプライアンス違反するような内容のトラブルもたびたび発生しています。

しかし通話録音システムが導入されていることで、抑止力が働くことが期待されています。

コールセンターに電話をすると「この電話は録音されます」とアナウンスされることがありますが、録音をすることで正確な内容を伝えているの可をチェックできるようになります。

アウトバウンドによるコール業務を行っていると特にオペレーターが嘘をつくケースも見られ、結果的にコンプライアンス的に問題があるということになるでしょう。

ですが今はコンプライアンス遵守が求められる時代ですので、トラブルの芽をあらかじめ摘んでおくことが大切です。

● コンプライアンス遵守を実現させるならの通話録音システムを


通話録音システムは非常に画期的な方法で、元来コールセンターが抱えていた問題を効率的に解消させることができるものです。

コンプライアンス遵守に役立つだけではなくて、クレームを解決させやすくなりますので、多くのコールセンターなどが導入しています。

実はコールセンターはお客さんからのクレームによって莫大な時間を無駄にしており、それらは無断なコストになります。

通話録音システムの導入にはコストはかかるのですが、クレームの減少、そして起こったクレームも効果的に解決させられるようになるのでおすすめです。

そして何よりもコンプライアンス遵守に役立つというのが嬉しいです。

コンプライアンス遵守をめざす企業は多いですが、具体的な方策が分からない…と嘆いているところもあります。

まずは通話録音システムの導入をすすめたいです。

お問い合わせ
このページのTOPへ