このページではJavaScriptを使用しています。

コールセンターシステムならOpencom
クラウド型コールセンターシステムをレンタルで活用 プライバシーマーク
CTIシステム専門メーカー
通話録音システム導入は顧客満足度の向上につながる

● 通話録音システムを導入して顧客満足度をアップ


通話録音システムを導入することによって、販売している金融商品などの説明義務がしっかりと為されているかのチェックが容易に可能になります。

特に金融商品は他の商品とは異なり、説明に誤りなどがあってはいけません。

そこで定期的に内部監査を行い、オペレーターがきちんと間違いなく正しい情報をお客さんに対して伝えているかを調べることになります。

その際に通話録音システムがあると非常に楽に確認ができますが、もし導入されていない場合だと非常に困難になるでしょう。

正しい情報をお客さんに対して伝えるというのは当たり前のことでもありますが、なかなか難しい面もあります。

間違った情報を伝えると顧客満足度が低下するばかりか、世間を騒がせるようなトラブルにも発展するでしょう。

数あるコールセンターの多くが少しでも顧客満足度の向上のために繋がるようにと、通話録音システムに興味を示しています。

● 顧客満足度はとても大きな指標になる


コールセンターは数多くの企業から営業のコール業務などを請け負っています。

各企業がどのコールセンターに依頼するか決める際に重要視されるのがコールセンターの顧客満足度です。

もしこれが高いとコールセンター側は、仕事を発注してくれる企業側に営業しやすくなりますので、顧客満足度次第でコールセンターの存亡にかかわるのです。

昔と違い今は、インバウンド、アウトバウンド両方のコールセンター業務においてもコンプライアンスを遵守する必要性が出てきています。

オペレーターを管理する人もいますが、すべてのスタッフをチェックできるわけではありません。

しかし通話録音システムがあるとオペレーターの通話の質がかなり向上するので、結果的に顧客満足度の向上にもつながっていきます。

膨大な録音データの中から喋っている内容を楽に検索できる機能なども誕生しています。

また導入方法もとても簡単なので、顧客満足度を上げるためにお試し感覚で利用するのもありでしょう。

お問い合わせ
このページのTOPへ