このページではJavaScriptを使用しています。

コールセンターシステムならOpencom
クラウド型コールセンターシステムをレンタルで活用 プライバシーマーク
CTIシステム専門メーカー
通話録音システム導入でトラブル防止・解決になる

● 通話録音システムがもたらす大きな効果


通話録音システムはコールセンターにとっては導入していて当然のものかもしれません。

コールセンター以外の企業でも導入しているケースが多いのですが、それはトラブル防止をする力があるからにほかなりません。

例えばコールセンターのオペレーターがお客さんと通話をして契約などをした場合、後からトラブルになるケースもあります。

「言った」「言わない」の問題、「商品やサービスの情報を正しく伝えていない」「お客さんが嘘をついた」など。

オペレーターに問題があるケースもありますが、わざと問題を起こすお客さんも意外とたくさんいます。

そういった人にかかわると厄介なトラブルに巻き込まれることになりますが、通話録音システムを導入して、通話前にアナウンスしておけば証拠が残るのでクレーマー化しにくいです。

コールセンターは何か問題が起こることを嫌っていますから、トラブル防止が可能になる通話録音システムの導入が急がれているのです。

● 通話録音システムの導入でトラブル防止を目指し、快適な仕事環境を作る


コールセンター側に非がある場合のトラブル発生であれば仕方ありませんが、そうではない場合はコールセンター側は被害者です。

こういった事態が起こるとオペレーターはダメージを受け、業務に支障が発生することは間違いありません。

お客さんがもたらすトラブルを防止するためにも、積極的に通話録音システムの導入を図りましょう。

またコールセンターにはいたずら電話なども多数かかってきますが、通話録音システムがあることによって対処しやすくなりますし、そもそもこのシステムがあると標的にされにくいです。

完璧にトラブル防止をするのは難しいですが抑止力になり得ますし、快適な仕事環境を作り上げることもできます。

オペレーターは定着率が低い職業ですが、システムによってトラブル防止を図ることで、定着率が長くなるでしょう。

通話録音システム導入により得られるメリットはかなり大きいと言わざるを得ません。

お問い合わせ
このページのTOPへ