このページではJavaScriptを使用しています。

コールセンターシステムならOpencom
クラウド型コールセンターシステムをレンタルで活用 プライバシーマーク
クラウド型コールセンターシステムをレンタルで活用 > コールセンターを劇的に変える「CTI」 > オペレータと顧客を最短で繋ぐ通話録音システムのプレディクティブダイヤル
CTIシステム専門メーカー
オペレータと顧客を最短で繋ぐ通話録音システムのプレディクティブダイヤル

●  無駄な業務を省くために時間はいつまでもあるわけではありません。


コールセンターの業務時間内に電話を掛けるのであれば、効率よく業務を勧めなければなりません。

無駄な時間があれば、どんなに優秀なコールセンターのオペレーターが電話しようとも業務が停滞してしまう時間が出来てしまいます。

オペレーターが優秀であっても顧客が電話を取ってくれなければ無駄な時間が出来ます。

オペレーターが顧客に電話を掛けた場合、受話器を取ってくれる確率は平日の日中であれば、全体の3割程度です。

無駄な業務の時間を少しでも防ぐためには顧客に受話器を上げてもらう時間を早めればいいのです。

● プレディクティブダイヤルとは


例えば通常のコールセンターであればオペレーターが一軒ずつ顧客に電話をしていきます。

不在であればまた次の顧客へと電話を順番にかけていくので、在宅の顧客を探すためにはある程度の時間にロスが出てきてしまいます。

プレディクティブダイヤルは一斉に複数の顧客に電話発信が可能です。

そのため、不在の中から在宅の顧客を探してコールセンターのスタッフが電話をすることが出来るのです。

つまりプレディクティブダイヤルを使うことで電話の接続率を高めることが出来るので、業務も停滞することなく進んでいくのです。

プレディクティブダイヤルを利用すればオペレーターも無駄をなくしてコールセンターの稼働率を上げることが出来ます。

顧客との通話を増やすためにオペレーターを増やすことを考える前に、人件費を増やすことなく業務の稼働率を上げることが出来るので、プレディクティブダイヤルを考えてみるといいでしょう。

もちろん通話録音システムも備わっています。

電話によるトラブルを防ぐためには通話録音システムが不可欠です。

言った、言わないなどと議論を重ねても時間がロスするだけです。

オペレーターの業務も行きづまってしまいます。

通話録音システムがあれば、顧客との万が一のトラブルにも即座に対応できるでしょう。

通話録音システムを含めた発信履歴や通話履歴はすべて通話録音システムに録音されて稼働率も把握できるので、管理も簡単です。

お問い合わせ
このページのTOPへ