このページではJavaScriptを使用しています。

コールセンターシステムならOpencom
オープンコム プライバシーマーク
トップページ > コールセンターを劇的に変える「CTI」 > コールセンターシステムの市場規模と魅力的な将来性
CTIシステム専門メーカー
コールセンターシステムの市場規模と魅力的な将来性

● コールセンターシステムの市場規模について


コールセンターが担っている役割はとても幅広くて、我々の生活に密着しています。

知らず知らずのうちにコールセンターシステムを利用しているケースもありますし、顔と顔を合わせて物を購入しなくなった現代、以前にも増して需要は高まってきています。

例えば購入後にコールセンターから連絡が入るケースもありますし、何かしらの営業電話が入ることもあり得るでしょう。

こういった現状から、コールセンターシステムの市場規模は大きいのではないかと推測できるでしょう。

実際には微増ではありますが、年々拡大していることが分かり、今や1年間7000億円規模の市場となっています。

今後も伸び続けることが予想されますから、コールセンターを新たに開設する企業やコールセンターのスタッフとして働こうとしている人も多数見られます。

コールセンターの業務というと営業電話をかけるというイメージでしたが、今ではそういったイメージも変わってきており、多種多様なアウトバウンドを行っています。

● 市場規模が拡大しているコールセンターシステムの将来について


コールセンターシステムの将来は明るいとよく言われていますが、このシステムを保持するというのは、企業にとってステータスにもなり得ます。

例えば商品を販売している企業や何らかのサービスを展開している企業にとってコールセンターシステムは必要不可欠で、自社内で用意しているか、もしくは外部に委託しています。

顧客に対するアフターサービス等を提供するためにもコールセンターは重要な意味を持っています。

各社とも顧客に喜ばれるようなサービスを提供しようとしていますから、コールセンターの将来性は明るくて魅力的だといえます。

インターネット社会の今、市場規模が伸び続けているというのは、この業務が世の中に求められているからに他ならないでしょう。

市場規模だけで状況を語ることはできませんが、将来性は期待できるでしょう。

お問い合わせ
このページのTOPへ