このページではJavaScriptを使用しています。

コールセンターシステムならOpencom
クラウド型コールセンターシステムをレンタルで活用 プライバシーマーク
CTIシステム専門メーカー
コールセンターシステムで未使用電話番号を探知

コールセンターシステムで未使用電話番号を検出し、接続率を高めるます。

アウトバウンドコールセンターにおいて、未使用電話番号への発信はアポインターのモチベーションの低下や発信効率の低下を招きかねません。
「現在使われておりません」のアナウンスが流れるたびに、発信効率は下がりアポイターは『未使用電話番号である』というステータスをつけなければならなくなり、2重の発信効率低下要因となります。

コールセンターシステムにおいて、重要視される機能の一つに未使用電話番号検知が挙げられます。未使用電話番号検知とは発信と同時に未使用電話番号を自動で検知する機能です。検知された未使用電話番号は、コールセンターシステムが未使用電話番号のステータスを付与し、自動集計を行います。発信、検知、ステータス付与、集計まで全て自動で行われるのがコールセンターシステムにおける未使用電話番号検知機能の特徴です。

アポインターは未使用電話番号に接続されることなく、接続状態を待つのみとなります。未使用電話番号に接続されない、ということはコールセンターシステムにより接続された通話のみをアポインターが受ける形となります。端的に言うならばアポインターは待機、通話、ステータス入力、待機のサイクルを続けることができ、モチベーションを保ち続けることに繋がります。

多くの架電リストへ発信を行ううえで、未使用電話番号に接続されることで発信効率が低下してしまうのを、コールセンターシステムを使い回避する事が可能です。アポインターのモチベーションを保ちつつ、架電リストの中にある未使用電話番号を検知できるコールセンターシステムがアウトバウンドコールセンターにおける必須機能となっています。

かつ、未使用電話番号検知機能のさらに踏み込んだ機能として『リストクリーニング機能』が挙げられます。アポインターが架電をしていない時間にスケジュールを設定、自動で架電リストの電話番号へ発信を行います。コールセンターシステムは架電と同時に未使用電話番号を検知するため、使用中の電話番号に着信がある前に架電を停止し、未使用電話番号にのみステータスを付与します。リストクリーニング機能を使うことで、未使用番号が少ない電話番号リストを作成できます。

コールセンターシステムの未使用電話番号検知機能によりアポインターの架電効率向上を狙えます。

お問い合わせ
このページのTOPへ