このページではJavaScriptを使用しています。

コールセンターシステムならOpencom
オープンコム プライバシーマーク
トップページ > コールセンターを劇的に変える「CTI」 > ひかり電話によるプレディクティブダイヤル
CTIシステム専門メーカー
ひかり電話によるプレディクティブダイヤル

ひかり電話の普及が進むにつれ、ひかり電話に対応したコールセンターシステムの需要が高まっています。これまでのコールセンターシステムはINS64回線やINS1500回線に対応したものが中心でした。

電話回線を多数必要とするコールセンターにおいてINS64回線はPBXの老朽化や、回線引き込みコストがかかることから、通話料金が比較的安価で回線引き込みコストが安いひかり電話やINS1500回線といった光回線への移行が進められています。

回線の移行に伴い、コールセンターシステムも対応の需要が高まっています。

INS64回線で使用していたコールセンターシステムが、ひかり電話やINS1500回線で使用できず、コールセンターは光回線に対応したコールセンターシステムを要望しました。

コールセンターの要望はINS1500やひかり電話に対応し、かつ、プレディクティブダイヤルによる発信やコール結果の自動集計機能を持つコールセンターシステムです。

INS64回線時に使用していたコールセンターシステムに備わっていなかったプレディクティブダイヤルを回線変更を機に導入するコールセンターが増えています。

発信効率向上が約束されるプレディクティブダイヤル機能を、ひかり電話で運用する事がコールセンターから切望されています。

お問い合わせ
このページのTOPへ